海外で働く上での必要な語学力

海外で働く上では語学力は必要です。けれども職種によってどのレベルの語学力が必要かは異なります。自分がどんな仕事をしたくて、そのためにはどれだけの語学力が必要なのかを調べて、語学力を身につけるようにしましょう。

★ BtoCやBtoBのお仕事で高い顧客層を狙う場合

もっとも語学力が必要とされるお仕事です。この場合TOEICでは800点以上の点数が求められます。相手の話を聞けるというだけでなく、自分の意見もしっかりと言えなければなりません。

★ 日系企業の現地スタッフの取りまとめ

日系企業の海外営業所で働くなどの場合ではTOEICであれば600点以上は目指すようにしましょう。日常会話が難なくこなせるレベルです。現地のスタッフとコミュニケーションが取れれば問題ありません。

もちろん現地の言葉が話せることが一番理想ですが、アジアやアフリカ圏では英語でも通用する場合があります。

★ 専門用語と日常会話ができればいい場合も

エンジニアなど、専門知識を必要とする場合は、そこまで語学力が求められることはありません。生活していく上で必要な日常会話力があり、さらに専門分野のことが多少話せれば海外でも仕事をすることができます。

★ 日本人観光客相手の接客

仕事の中で他国の言語を使うことはないかもしれませんが、日常生活に困らない程度には話せるようになっておきましょう。

★ 社会人経験がなければ語学力は必須

社会人経験がなかったり、特別なスキルがないという場合には最低限語学力は身につけておくようにしましょう。海外の企業では日本とは異なり積極的に学ぼうとしていかなければ働けません。仕事を学ぶためにも語学力は必要です。

海外で働くにしてもどのような仕事をするかによって必要になる語学力のレベルは変わってきます。自分のしたい仕事がどのレベルの語学力を必要とするのかを調べてみましょう。

関連する記事