海外での就職で有利になるもの

海外での就職では、日本での企業での経験はあった方が有利になります。専門知識があったり、日本ならではの特技がある人も積極的にアピールするようにしましょう。「自分にしかできないことがある」という点がアピールできれば就職活動も進めやすくなります。

★ 日本の企業での実績

海外で働く際には、日本での社会人経験があった方が有利でしょう。仕事の上で何か実績がある日本人は海外の企業でも欲しがられます。具体的に話せる何かを用意しておくようにしてください。

例えば「日本の会社では大きなプロジェクトを成功させたことがある」「リーダーシップをとって成功を収めたことがある」「年間で100万円分の利益を生み出したことがある」などのようなことが言えるのであれば海外での就職も有利です。

何か一つ成し遂げた実績や、表彰されたことがあれば話せるようにしましょう。

★ 特別なスキル

例えばJavaScriptやHTML、CSS、PHPなどのプログラミング用語などに精通しているのであれば海外でもあなたは優秀な人材として見られるかもしれません。他にもPhotoshopやIllustratorなどのツールも使いこなせれば強みになります。

あなたにしかできないことがアピールできれば就職活動も有利になります。海外でも外国人よりも現地の人の方が採用されやすいものです。そんな不利な状況の中で勝ち残るためには、「これは自分にしかできません」ということをアピールしていかなければなりません。

それらの専門知識だけでなく、日本の文化に根ざしたスキルであっても通用します。「お茶を立てられる」「日本語の教師ができる」「お寿司が握れる」といった特技であってもアピールポイントになりえます。

海外での就職活動では積極的に強みをアピールしていってください。日本での会社での経験や培ってきたスキルは武器になります。

関連する記事