インターンシップを活用して現地で就職する

海外の会社では実際に就職する前にインターンシップという制度を設けているところも多いです。日本では仕事をしながら仕事に必要なスキルを身につけていくというところが多いですが、海外では異なる企業文化があります。

★ 仕事前の研修を受ける

日本では企業に入ってから仕事をしていくうちにスキルを身につけていくという考え方が広く行き渡っています。けれども海外では違った企業文化が一般的です。

実際に仕事をする前に、インターンシップという研修期間を設け、そこで仕事に必要なスキルを身につけさせます。その上で採用するかどうかを決めるというのが一般的な国もたくさんあります。

日本の企業ではあまり実績がなかったり、留学後すぐに就職したいという場合はインターンシップを利用するようにしましょう。研修期間にしっかりと仕事ができるだけのスキルを身につけて、就職を目指してください。

★ インターンシップ中はスキルを身につけることに徹底する

インターンシップに参加できたからといって、必ずしも就職できるとは限りません。もし仕事の上で必要なスキルを身につけることができなければそのまま解雇されてしまいます。

インターンシップ中は会社にとって必要な人材になれるように努力しましょう。期間中に「会社に必要だ」と見なされれば就職もできます。

どのような人材が求められているのかを知り、必要な知識やスキルは身につけてください。さらに「できる」ということを積極的にアピールしていきましょう。そうすることで就職しやすくなります。

海外で就職したいのであればインターンシップを活用してみましょう。日本での経験や実績が特になくても利用できる場合もあります。そこでスキルが身につけられれば就職もできます。

関連する記事